ハイパーピカピカレインの口コミや使い方、失敗しないポイントなど解説します。ハイパーピカピカレインは、一度塗るだけで3年間ワックス不要で最高の光沢を実現するボディーコートです。しかも超撥水効果で汚れも付きにくくします。ボディーコート検討の方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • ハイパーピカピカレインとコーティング

ハイパーピカピカレインとコーティング

ハイパーピカピカレインとスーパーピカピカレインの違い

ハイパーピカピカレインとスーパーピカピカレインは一見すると違いがわかりにくく、初めて見たときはどっちがどう違うのかわかりにくいと思います。

 

しかし名前は似ていてもハイパーピカピカレインとスーパーピカピカレインとでは大きな違いがありますので、そちらを紹介したいと思います。

 

ハイパーピカピカレインとスーパーピカピカレインの違いは撥水性と親水性の違いにあります。撥水性とは水を弾く効果が強い事を指し、逆に親水性は車体表面に水が膜となってゆっくり流れていくような形になります。

 

水の弾き方が違うだけといえばそうかもしれませんが、ハイパーピカピカレインとスーパーピカピカレインでは仕上がりも大きく変わります。撥水性であるハイパーピカピカレインは光沢が強くキズや汚れといったものも弾くので親水性と比べて非常に綺麗な仕上がりになります。

 

比べて親水性であるスーパーピカピカレインはハイパーピカピカレインと比べて光沢感は若干控え目となり、汚れなども弾かないので付いてしまったらその都度綺麗にしてあげる必要もあります。

 

ここまでだとハイパーピカピカレインの方が良く思えるかもしれませんが、撥水性は水を弾くため車体の表面に水の玉ができてしまう事があります。日光の強い日などは水の玉がレンズの役割をして車体に跡が残ってしまうという弱点があります。比べて親水性はそのような心配がなくメンテナンスの頻度も撥水性と比べて少なくて済むのです。

 

単純に好きな水の弾き方という点で選んでも全く問題はありませんので、ピカピカレインを購入される際は水の弾き方も考えた上で選ぶと良いかもしれません。

ハイパーピカピカレインの意外な使い方

ハイパーピカピカレインは車用のガラスコーティングという印象がありますが様々な用途に使う事ができます。

 

ハイパーピカピカレインが使えない部分はガラスとゴム部分であり、それ以外であれば金属やウレタン、プラスチックなど多種多様な部分に使う事ができます。工夫次第で様々なものに光沢を出す事ができますのでその一部を紹介したいと思います。

 

 

●車内に使う

車内にはカーナビやウレタンマットなど意外とハイパーピカピカレインが使える箇所があります。これらに光沢を持たせる事で車の表面だけでなく内装も綺麗にしてみるのも良いかもしれません。施工の際はシートなどにこぼさないように気をつけて作業をしてください。

 

 

●バイクに使う

バイクは車以上に光沢が栄える乗り物で、ハイパーピカピカレインでその光沢がより綺麗にできます。車体やホイールはもちろんの事、ハイパーピカピカレインの耐熱温度は1200度なので高熱になるエンジン部分まで光沢にできるのです。

 

車と違い使う量がそれほど必要ありませんので、2台まとめてピカピカにするといった事もできますので、是非バイクの光沢を出すのにも使ってみてください。

 

 

●自転車

ハイパーピカピカレインは自転車にも使えます。自転車は非常に少ない容量で済みますので、車やバイクに使い終わった後の残ったハイパーピカピカレインで施工すると良いと思います。

 

 

施工の注意点として、日をまたいで施工する場合、スポンジやクロスは必ず新しい物を使うようにしましょう。付着したハイパーピカピカレインがガラス化していますので傷の原因となります。

Page 1 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) ハイパーピカピカレインの口コミ・評価、使い方、ポイントなど解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「ハイパーピカピカレインの口コミ・評価、使い方、ポイントなど解説」(http://ハイパーピカピカレイン.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。